9話に渡って描いた「霊感ゼロで心霊ホテルに宿泊すると」。
(こちらからどうぞ)


そのあとがきになります。
a-1 (56)
ご両親も悩んで悩んで悩んで出した結果だったのでしょう。
でも、別の方法を選んでくれていたら…と今でも思います。
子どもは親の所有物ではありません。
子どもにも生きる権利があるのです。
それでも、子どもだけを置いてはいけなかったご両親のことを思うと…辛くてどうしようもないのです。


☟LINE にブログ更新のお知らせが届きます。


☟ポチっとしていただくと励みになります!
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村


絵日記ランキング