白骨0
白骨1
白骨2
白骨3
白骨4
白骨8


私たちが見かけた警官と女性はこの事件とは関係ない…と思います。
遺体が埋められていた場所が少し離れていたので。
でも、私が暮らしている地域の事件には違いないんですよね。

相方と話していた冗談が本当になるなんて、思いもしませんでした。
でも、こんな不思議な結びつきみたいなことってありませんか?
私はたまにあります。
霊感はゼロだし、霊体験もしたことないので、そういうのとは違うんですが。

うまく説明できないんですけどね。

もうひとつウラ話を…。
インスタに載せてる小説の冒頭に出てくる白骨遺体発見のニュース。
実はあれ、私の実家近くで見つかった白骨遺体をヒントにしてます。
そちらは身元不明のままみたいなんですよ。
早く遺族の元に戻れるといいですよね。

以上、小説ウラ話でした!