よもぎ家の5人と1匹暮らし

カテゴリ: 最悪だと思ったことシリーズ

こちらの続きになります。



a-1 (30)
a-1 (32)
今までの半生で数えられるほどしかナンパなんてされてませんが、史上最悪な印象に残るナンパ(?)でしたね!
マンガでは短い時間に感じてしまいますが、5分くらい話してたように思います。
なんかやたらと「独りで泊まるのが寂しい」ということを強調していて、返答に困ったんですよね。
早くエレベーター来てよ~と心の中で思っていましたが、もしエレベーターが来たら当然この男性も乗ってくるでしょうし…。
後から思えばエレベーター、グッジョブ!ですね。
見えない力が働いて私を守ってくれたのかしら…なんてね 
このビル、階段がないのでエレベーターで移動するしかないんですよ。逃げ場がない。
隠れてる間にいなくなってくれて、ホッとしました。
ビアガーデンに戻って、事の顛末を先輩たちに話したんですけど、ヘベレケに酔っぱらっててあまり相手にしてもらえませんでした…。
女性のみなさん、こんな変な人もいるので(マジで!)お気を付けください!



☟ポチっとしていただくと励みになります!
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村


絵日記ランキング

昨日の続きになります。



a-1 (27)
a-1 (28)


☟ポチっとしていただくと励みになります!
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村


絵日記ランキング

今日から新しいシリーズを始めたいと思います。
これも私が20代の頃の話です。
最近、昔のことをブログに描いていたので、過去のいろんな話を思いだす、思い出す
ではどうぞ~
a-1 (23)
a-1 (25)


☟ポチっとしていただくと励みになります!
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村


絵日記ランキング

すべての男性がそうだとは思いませんが、基本的な考えは一緒の人が多いのかな…と思ってしまう。
a-1 (4)
a-1 (5)
a-1 (6)
小学生の時に住んでいた団地で実際に起こった夫から妻に対する2件の傷害事件。
今の時代でしっくりくる言葉はDVですか。
ブログに描いた2組の夫婦だけでなく、私の父も母に暴力をふるっているのを見たことがありました。
(頻繁ではありませんでしたが、浮気が原因で結局離婚しちゃってますけど)
また、DVこそありませんが私と夫との間にも不穏なことはいくらでもあります。
私の周りの人たち、同級生、職場の同僚、古くからの友人、ママ友などの話を聞いていても
「なんだそれ?そんな男、とっとと別れなよ!」
と言いたくなるような結婚生活を送っている人も少なくありません。
夫婦って、結婚って、いったい何だろう?と最近考えるんですよね。
夫は妻のことをどう見てるんですかね?
夫側が子育てや家事に無関心だったりする話を Twitter でもよく見かけますが、男性の方はそれで生活が成立してると思ってるんですかね?
女性のことを「自分の下僕」的にしか見られない男性はそもそも結婚すべきではないのでは?
先日も Twitter でトレンドに上がっていた「ポテトサラダくらい…」という発言にもみられるように、日本という国はいつまでたっても「女性」や「妻」や「母」というものへの偶像崇拝がなくならないみたい。

私、亀梨和也さんが松原タニシさん原作の「怖い間取り」を映画化すると知り、過去の事故物件に関するどちらかというと恐い系の話を描こうと思いついたはずなんですが…。
いつの間にか夫婦間の問題の方に話題がすり替わってしまいました 



そもそもの DV 夫ブログはこちらがスタートになります。



☟ポチっとしていただくと励みになります!
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村


絵日記ランキング

NHKのBSプレミアムでドラマ「ファーストラヴ」を観た。
島本理生さん原作を元に制作されたもので、真木よう子さん主演。
ネタバレになるので詳細は載せないが、決して爽やかな内容の話では、ない。
観終わってからも心がどよーんとしている。
先日、福山雅治さん主演で話題となった「三度目の殺人」を(ようやく)観たのだが、その時と似たような感情になった。

女の子の周りには、生まれた時から信じられない恐怖がウヨウヨしている世の中なのであるなぁ…。

偶然だがつい最近、名古屋高裁である判決が出た。

娘への性的暴行罪で父親に懲役10年の逆転判決。
そもそも、1審でなぜ「無罪」という判決がでたのか?
私は理解できずにいた。
日本の司法はどうなってるんだ。
実の親子間で性行為を行うことは「正しい、倫理違反していない」と裁判所が認めた、と思われても仕方ないような判決である。
ニュースで見たときは、はらわたが煮えくり返って憤死するかと思った。
「ファーストラヴ」や「三度目の殺人」はあくまでも小説や映画の中の話であり、少女に対する残酷な仕打ちも物語だと思えばそれまで。
けれど、名古屋の裁判で争われたことは現実世界で起こったことなのだ。
高裁で逆転勝訴となってよかった。本当によかった。心底安堵した。
被害を受けた女性の気持ちがそれで晴れることはないかもしれない。
でも、無罪にならなかったというのは彼女の生きる糧になると信じている、私は。
日本の司法は裏切らなかったと、生き続けることができると思う。

それでも…懲役10年とは生ぬるい。
私が遠山の金さんだったら打ち首獄門だったよ。

ずいぶん前だが、男性からものすごく不快な意見を聞いたことがある。

a-1


世の全ての男性がこんな風に考えているとは思わない。
とゆーか、こんな考えの人が存在するんだと初めて知った。
こんな風に女性のことを軽く見ている人はもしかしたら多いのかもしれないと思い、ショックだった。
今回の事件の裁判で1審無罪となったのも、男性が作った司法にもとずいているからの結果なのではないだろうか。

男性にとって、女性とは女の子とは少女とは何なのだろう。
世の中の男性の「女の子」を見る目が即刻替わってくれることを願ってやまない。

ところで、「ファーストラヴ」は北川景子さん主演で映画化もされるそうな。
2021年までまだあるので、とりあえず原作を読みたいなと思ったが、コロナウイルスのせいで近所の図書館が軒並み閉館中。
断捨離女、いとかなし…。


☟ポチっとしていただくと励みになります!
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村


絵日記ランキング

このページのトップヘ